資料請求

建学の精神・理念

開学と建学の精神

建学の精神・理念淑徳大学は、社会福祉への関心が今日ほど社会的に高まっていなかった1965(昭和40)年に、時代を先取りして、社会福祉学部社会福祉学科の単学部単学科の大学として開学しました。その目的は、「社会福祉の実践を通じて『ひとりひとりの自立と社会の連帯』の実現に貢献しうる人材の育成」にありました。

そして、淑徳大学の建学の精神「利他共生」は「他者に生かされ、他者を生かし、共に生きる」という意味で、これは大乗仏教の精神に基づく理念であります。大乗仏教では、出家し厳しい修行をした人だけではなく、どんな人も信仰があれば大きな乗り物に乗るように救われると考え、そのために「自利利他(自らの人格の完成のために修行し努力することと、他者を生かすために自分が尽くすことを、共に行う)」を理想としています。

学祖・長谷川良信は、社会福祉のありかたを、「for him(彼のために)ではなく、Together with him(彼と共に)でなければならない」とし、これを淑徳大学の福祉教育の理念に据えました。福祉を宗教および教育と一体なものとして、実現しようとしたのです。そのめざすところは、ひとりひとりの自立を支えるような理想社会の建設と、それを担う真実な人間の育成です。

淑徳大学の共生の思想の原点は、社会福祉の教育とその実践のなかに置かれています。「福祉」とは人びとが「幸福であること」、社会福祉とは社会的な手段や方法による「福祉」の実現という意味です。
「福祉」は、幼な子や高齢者、障がい者をはじめとしたさまざまな人びととの連帯と、すべての「いのち」あるものとの共生によってはじめて実現される、という思いは開学以来、連綿と続いています。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる