資料請求

実践心理学科

学びの特色

実践心理学科共生の社会において必要とされる、心理学および人間科学に関する基礎的・基本的な知識を修得します。また、それらを社会において実践的に用いる能力を育成するための教育を行い、社会的なニーズに応える実践的な心理学を習得します。実習・演習・研究科目が充実し、さまざまな事例に触れることで実践的な力を身につけるとともに、人間の心を科学的・論理的に理解する研究方法を学びます。

社会のニーズに対応する3領域を学ぶ

社会のニーズに対応する3領域一般的な心理学科目に加え、社会のニーズに対応する3領域(臨床心理・発達心理・対人心理)を重点的に学びます。また、犯罪心理学や消費者心理学など、実践的・専門的な科目が幅広く展開されており、それらも他の大学よりも深く学べます。

資格・進路

取得できる主な免許・資格

認定心理士/福祉心理士受験資格/児童指導員(任用資格) など

将来想定される進路

大学院進学後 臨床心理士や臨床発達心理士/病院等の心理職・事務職/精神保健福祉センター/スクールカウンセラー/児童相談所/家庭裁判所調査官/女性センター/高齢者施設/法務省保護観察所/少年鑑別所/警察の少年センター/民間企業の人事部門/人材派遣会社/福祉・医療関連企業/広告業界/販売・営業職/小売業界 など

実践心理学科についてもっと詳しく知る!

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる