淑徳大学 特色ある学び



全学共通の基礎教育科目 S-BASIC

2023年4月から全学共通の基礎教育科目(S-BASIC)がスタートします。これは、どの学部学科でも、これからの社会を生き抜くために必要な 基本的な力(知識・技能・態度)が身につく、淑徳大学ならではの基礎教育カリキュラムです。本学の建学の精神「利他共生」を原点とし、 8項目の多彩な学びが「淑徳人」としての基礎を築きます。これらを基礎とし、専門教育科目へと学び深め成長することをめざします。

「淑徳人」としての基礎 8項目の学び

sbasic1

学び続ける力を育む

sbasic2

基礎教育科目一覧

sbasickamoku1
sbasickamoku2
sbasickamoku3
全て開く
学習力の養成
思考力の養成
表現力の養成
人間力の養成
社会力の養成
人間の理解
社会の理解
国際の理解
全て閉じる

学びを止めない、淑徳大学の取り組み

対面授業を基本としながら、授業内容によってはオンラインを併用するなど、柔軟な学習環境を整えています。
各キャンパスの地域性などの特性に応じて、感染症拡大防止に取り組んでいます。入構時の検温や空調、教室に常設のサーキュレータ ーを使用した換気、シールドパネルによる飛沫拡散防止や各所に消毒液を常設するなど、安心して対面授業が行えるよう対応しています。また、学生同士が密接にならないよう授業ごとに座席指定等により若席間隔を確保しています。
変動する社会のなかでも、学生の学習機会を十分に確保し、充実した大学生活が送れるよう取り組んでいます。
manabi

学外での実習も出来る限り実施

学外実習にあたり、感染対策ガイドラインでの事前指導や実習 2週間前からの「健康等チェック表」への記入を徹底。貴重な実習 期間となるよう学生へのバックアップ体制を整えています。

授業内での企業との連携も継続

コロナ禍においてもオンラインを活用して企業の方と連携した授業を継続しています。直接触れ合う機会が希薄になるなかでも、 本学らしく共に寄り添った取り組みを実現しています。

オンライン就活サポートも充実

学外実習にあたり、感染対策ガイドラインでの事前指導や実習 2週間前からの「健康等チェック表」への記入を徹底。貴重な実習 期間となるよう学生へのバックアップ体制を整えています。

学内からも語学研修が可能

海外協定校や語学教育機関が提供するオンラインによる「海外研 修プログラム」を実施しています。オンラインで受講するため、経済的にも時間的にも節約が出来ます。

各キャンパスの感染予防対策


淑徳大学では学生・教職員の皆様の安全と健康に最大限配慮すべく、新型コロナウイルスに対する感染予防対策に注力しています。

主な対策は下記の通りです。
※各キャンパスにより取り組みが異なる場合がございます。
  • 入構時におけるアルコール消毒・検温・検温済証の発行。
  • 健康管理チェック等の徹底、感染予防・対策の各種啓発物掲示
  • 各教室・施設内外におけるアルコール消毒液の設置、座席間隔の確保、飛沫防止パネル(パーテーション)の設置、サーキュレーター設備による換気。
  • 使用施設・設備の消毒や拭き取り
  • 食事場所や人流の導線制限
  • スクールバスや各イベント等における人数制限、オンラインによるWEB動画配信等の活用
  • フェイスシールドやアルコールシート等、感染対策物品の備蓄
本学ではすべての学生皆様の学修機会を万全に確保したうえで、教育の質とその効果を担保し、実りある大学生活が送れますように引き続き努めて参ります。
  • 千葉キャンパス
  • 千葉第二キャンパス
  • 埼玉キャンパス
  • 東京キャンパス


千葉キャンパス

消毒消毒の徹底
chiba003着席間隔の確保
chiba3パネルによる飛沫防止
chiba4サーキュレーターでの換気
chiba001検温の実施
chiba002検温実施済証発券機
chiba003大教室座席間飛沫パネル


千葉第二キャンパス

chiba2001サーモグラフィーによる検温の実施
chiba2002間隔をあけた座席配置(教室・共用部)
chiba2003飛沫防止パネルの設置(教室)
chiba2010飛沫防止パネルの設置(共用部)
chiba2004共用部の人数制限
chiba2006サーキュレーター設置による換気
chiba2008アルコール消毒の設置
chiba2009健康チェックの実施
chiba2011(授業内容によって)アイガードの着用

埼玉キャンパス


saitama検温所4検温所の設置
saitama検温所1サーモカメラ・検温器・検温ラインの設置
saitama検温所3検温実施済証発券機
saitama図書館1アルコール消毒の設置
saitama002飛沫防止パネルの設置 
saitama001座席間隔の確保
saitama2001手洗い場の新設 
saitama2002サーキュレーター配置による換気 

東京キャンパス

tokyo007検温の実施
tokyo009アルコール消毒の設置
tokyo010間隔をあけた座席配置(共用部)
tokyo015間隔をあけた座席配置(教室)
tokyo012健康観察記録の実施
tokyo028サーキュレーター配置による換気
tokyo005飛沫防止パネルの設置(教室)
tokyo023飛沫防止パネルの設置(食堂)

誰一人取り残さない、学生に寄り添う本学の取り組み

学生一人ひとりの相談に応じる アドバイザー制度
学生一人ひとりに合った効果的な学修指導が行える よう、教員が担当アドバイザーとなり、きめ細かく個人 指導に当たる制度を取り入れています。
悩みや不安を解消する学生生活についての相談窓口
学生のみなさんが楽しく快適で自分らしい学生生活を過ごせるよう、カウンセラーやソーシャルワーカーが悩みや不安などを解決するための相談やアドバイスを行っています。