経営学部

College of Business Administration
経営学部
埼玉キャンパス
Saitama Campus
Shukutoku Picks

経営学部の特長

経営学部の特長1
―導入教育―
大学の学びに戸惑わないように
高等学校までとは異なる大学の学びに学生が戸惑わないよう、サポート体制も充実。
担当教員アドバイザー制度を導入した「入門セミナー」では、教員が担当学生の理解進度を把握しながら自立学習を支援します。
経営学部の特長2
―体験型学習―
ビジネスの現場で実践的なスキルを養う
キャンパスを出て実際のビジネスの現場を体験することで、大学の学びと実社会の経営活動を結びつけ、知識を応用・活用する力を養います。豊富な体験型学習を通して、地域社会や企業で活躍できる人材としての実践的スキルを身につけます。
経営学部の特長3
― キャリア教育―
人生設計を視野に入れ、自立を考える
4年次の就職活動を視野に、1年次から企業訪問や社会人インタビューを通し、社会人基礎力を身につけます。また、経営分野で役立つ資格の講座を開講し、資格取得をめざす学生の支援も行っています。
動画で見る経営学部
しゅくとくま
経営学科_動画サムネ
経営学科
観光経営学科_動画サムネ
観光経営学科

学部長メッセージ

実社会で役立つ「実学」の理念を礎に
“なりたい自分”を明確にし、実現していきます。
経営学部 学部長 千葉千枝子
産業界を見渡すと、地域や社会と共生しながら企業活動を行っている会社が大きな成長を遂げています。
ヒト・モノ・カネ・情報という経営資源を最適に配分し、いかに最大効果を生むことができるか。それを考えるのが経営学です。営利が目的の企業活動であっても、利他共生の精神が欠かせません。「実学」を通して、他者と共に生きる「利他共生」を企業や地域、社会で実現してください。

学部長 千葉 千枝子

学部長・学科長

経営学部長千葉 千枝子教員情報
経営学科長竹中 徹教員情報
観光経営学科長朝倉 はるみ教員情報

教育研究上の目的

教育研究上の目的
企業経営や観光ビジネスに必要な専門知識と技能を座学やフィールドにおける演習・実習を通じて習得し、企業の問題を解決する能力やリーダーシップを発揮できる能力を身につける。
人材像
使命感や責任感を持って主体的に行動し、グローバルな視点から地域資源を活用することで、企業や観光産業が直面している諸問題を解決し、ひいては地域社会の発展に貢献できる人材。

(「淑徳大学 教育に関する規則」第2条第1項第五号)

自己点検・自己評価

授業評価(自己点検・評価)
淑徳大学では、教育・研究水準の向上及び管理運営の健全化を図ることを目的に、自己点検・評価を行っています。詳細は下記の調査や報告書をご覧ください。



Information