発達臨床研究センター 臨床内容

発達臨床研究センターの臨床方法と特色

(1)ひとりひとりの発達にあわせた最適な治療教育プログラム
治療教育の実施に際しては、お子さんの現在の発達段階を精密にアセスメントし、それに対応させたひとりひとり固有のプログラムですすめていきます。
(2)個別指導の重視
ひとりひとりの発達にあわせた最適なプログラムで支援をすすめていくためには、個別指導の充実が重要です。当センターでは、週2日の個別指導を通して子どもたちが外界にしっかりとかかわり、大人とやりとりを重ねていくことを重視しています。そのための独自の教材開発や系統的な学習ステップ、支援方法が工夫されています。
(3)集団指導の保障
保護者や大人との対人関係がしっかりしてくると、他児への関心が芽生えてきます。そうした段階に達している子どもには、個別指導とともに慎重に配慮された少人数での集団指導が保障されています。
(4)感覚運動・認知・言語の治療プログラムが充実していること
子どもたちの発達障がいの中核は、感覚運動・認知・言語の障がいにあるといわれています。従って治療教育のプログラムとしては、そうした観点からの内容が充実していなければなりません。 私たちの研究センターでは、独自に開発した1,000点をこす治療教育教具で、これに対応させようとしています。
発達臨床研究センター01

発達臨床研究センター02

発達臨床研究センター03
(5)対人関係、情緒の安定を大切にした指導
子どもたちの発達が促進され、のびのびとたくましく育っていくためには、その前提に、情緒の安定と対人関係の豊かさが必要です。そのためには集団活動はもちろんのこと個別的な課題学習においても、その内容が子どもにとって楽しく生き生きとした場面となるようこころがけなければなりません。私たちの実践も決して完全なものとはいえませんが、子どもたちの対人関係の発展と情緒の安定は、もっとも大切にしなければならない視点と考えています。 
(6)幼稚園・保育所での統合保育の併用
年中・年長児で、情緒が安定し対人関係がしっかりしてきて、模倣機能が豊かになっている子どもは、幼稚園や保育所との統合保育の併用をすすめています。現在来所している子どもの多くも、幼稚園・保育所等に通いながら当センターに通所しています。 
(7)保護者へのサポート体制
お子さんが実際に指導を受けている場面を見ていただきながら、発達の経過や今後の方針等個別的にスタッフが対応いたします。また日常生活での困りごとなども、その都度ご相談いただきよりよい対応方法を共に考えていきます。

プログラムの内容

個別課題学習、集団療法を組み合わせて行います。下図のように週2回3セッションでプログラムが構成されます。
プログラムの例(週2回)
プログラムの例
プログラムの例SP
(1)個別課題学習
  • 原則、週2回行われます。
  • ひとりひとりの子どもの発達段階に合わせた、様々な教材を用いながら進められます。
  • 視知覚、聴知覚、記憶、模倣、手先、発語のような知恵(認知)の発達を促すとともに、ひととかかわることの楽しさ、相手や状況に合わせていくことといった、対人関係や情緒の側面も重視して行っていきます。
個別課題学習01自ら触れようとする力を育てる
個別課題学習02手の操作を引き出す教材
個別課題学習03見て入れる・はめる力を育む
個別課題学習04よく見る力を育む教材
個別課題学習05合わせる・まねる力を育てる学習
個別課題学習06ことばの理解を育てる教材
個別課題学習07楽器・音楽を活用した学習
個別課題学習08イメージする力を育てる教材
個別課題学習09文字・数概念を育てる学習
(2)集団療法
  • 原則、週1回行われます。
  • 発達段階や情緒の安定の度合いによって、3~7人程度のグループで行われます。
  • 活動内容はグループによって異なりますが、音楽活動、運動・認知活動、コミュニケーション活動を組み合わせて行います。
  • 音楽活動では、楽器を操作して音を出す活動・うたを歌う活動・音楽のテンポに合わせる活動・うたや音楽に合わせて動きをまねる活動・友達と順番に行う活動などが組み合わされます。
  • 運動・認知活動では、運動器具を用いたサーキット活動が中心となりますが、活動の結び目をつなげていく活動・広い範囲を見分けていく活動・相手の動きをまねする活動などの認知的活動や、相手に気持ちを伝える活動・友達と一緒に行う活動など対人関係面での活動が組み合わされます。
  • コミュニケーション活動では、子どもの状態に応じて、言葉での伝達の他に、身振りや写真を使って伝達する活動が設定されます。


集団療法01
集団療法02
集団療法03
集団療法04