夏季ゼミ合宿「日光金谷ホテル」 観光経営学科2年 吉田雅也ゼミ 

2017年9月10日~11日、観光経営学科・吉田雅也ゼミの2年生が、研究テーマであるホテル事業戦略研究のため、現存する日本最古のリゾートホテルである日光金谷ホテルで夏季合宿を行いました。

 

日光金谷ホテル外観

 

金谷ホテルは1873年、ヘボン式ローマ字を考案したヘボン博士のアドバイスを受け、日光東照宮の楽師であった金谷善一郎が自宅を提供して外国人旅行者を泊めたことにはじまります。帝国ホテルの開業がその17年後の1890年であることを考えると、まさにわが国最古のリゾートホテルであるといえます。

 

創業当時の善一郎の自宅は武家から譲り受けた日本建築で、現在は「金谷ホテル歴史館」として公開されています。

 

ヘボン博士やイザベラ・バードが宿泊した部屋。(金谷ホテル歴史館)

 

日光金谷ホテルの支配人を務める平野政樹様のお話では、経営上の課題やホテルで働くうえで求められる能力などについて積極的な質疑応答が行われ、貴重な体験となりました。